ライフハック

ゆうちょダイレクト利用者カードが待てど暮らせど届かないので問い合わせしてみた

ケイスケです。

ひさびさに怒り浸透です。

先日、A8ネットの売上振込口座のために、ゆうちょ銀行の口座とゆうちょダイレクトの申し込みをしました。

ゆうちょダイレクトは来店することなくスマホ経由で手続きをするためのサービスですが、ダイレクトという言葉通りなのか店舗でしか手続きができないという謎サービス。

しまいには申し込みをしないと使えない点でもこの謎は深まるばかりです。

申し込みの後、1週間前後で『ゆうちょダイレクト利用者カード』なるものが届くそうですが、待てど暮らせど来ませんでした。

強いて言うなら「ダイレクトの開設ありがとうございました」と書いた紙のみが入った封筒が届きましたが、平日不在だったので受け取れず、結局ゆうゆう窓口まで取りに行かされました。

ちなみに、こんなカードらしいです↓

お客様窓口に問い合わせをした

いくら待っても届かないので、お客様窓口に電話しました。

ご利用者カードが届かない旨を伝えると「そんなことはない」の一点張り。

届いたら最初から電話なんかしないのですが、頭にきたので「じゃあこちらでもう一度探してみます」という話をして終話。

数分後に別の担当者(この人はマトモだった)からかかってきて、事情を再度説明。

話を聞くには「受付センターの状況では発送したことになっている」とのことでしたが、きたのはお礼状のみですよとお伝えしました。

利用者カードの再発行手続きは、店舗にご来店か郵送で再発行の書類を送付する必要があるとのこと。

平日の来店が難しいことを伝えると「申請に必要な書類を送ります」という流れになりました。

書類を書く上で分かりにくい点があるので、書くときに再度電話をしてほしいと言われましたが、内心「分かりにくいと自覚してるなら、最初わかりやすいフォーマットにしろよ…」と思いました。

国に甘えた企業はユーザーの手を煩わせるのが大好きです。

数日後、書類が届く

書類が届きましたが、内容に唖然。

書類の発送用の封筒が、切り取り線が書かれたA4の紙。自分で切って糊を貼って組み立てる必要があります。

それ自体はまだ許せるのですが、82円切手を貼れと書いてあるではありませんか!?

日本郵政配下の一連のサービスを使っていて、ゆうちょ側の落ち度かもしれないのに郵送代金を負担しろとはどういうことなんだろうと…。

82円という料金の問題ではなく、ゆうちょのサービスを使おうと思って申し込んだ利用者が、利用を開始するための利用者カードが届かない!と困っている人に対し、手間と労力に加えてお金まで負担させることに抵抗がない体制はさすがにどうなんでしょう??ふざけてます。

困った挙句、なぜ日本郵便の売上にまで貢献しないといけないんだ…。

さすがに頭にきましたが、82円で解決するならとりあえず送ってしまえと内容を書いて力作の手作り封筒に切手を貼らせていただいて送り返しました。

数日後、返事が届いた

数日後、「ゆうちょダイレクトの利用開始期限を過ぎたので、再発行できません」という手紙が届きました。

ゆうちょダイレクトは、利用者カードが届き次第、カードに書かれた番号を使ってネット経由で開設手続きをする必要があるのですが、手紙のやり取りをしている間にこの期限が過ぎたようです。

怒りを通り越して、なんだろう…呆れたというか…。

そんなのカスタマーセンターに電話した時点でわかっていることですよねぇ…。

店舗の手続きで待たされ、

書類が届かず待たされ、

電話をしたが「届いてないわけがない」と言われ、

送られてきた再発行書類を書かされ、

切手代まで払わされてこれですか?

一生ゆうちょは使わないと心に決めた瞬間であります。

後日ゆうちょの窓口に行った

ゆうちょダイレクトを開設手続きをしたゆうちょ銀行へ行き、一連の事情を説明しました。

言われたことは、謝罪もなしに「サポートセンターに事実関係の確認をとって、再度新規で申し込みいただく必要があります」とのこと。

新規で申し込むならセンター確認いらねーじゃん…。

「もう使わないので結構です」と行って帰ってきました。

言いたいことは、「ゆうちょ使うのはやめとけ」

言いたいことはこれだけ。

利用者カードが届かないなら、もう使うのやめるか半休でもとって窓口に行きましょう。

推測ですが、最初に届いた「ゆうちょダイレクトの開設ありがとうございました」の封筒に入っているべき利用者カードが入ってなかったんじゃないか?と思うのです。

仮にこちらの見落としや勘違いがあって落ち度があったとしても、カスタマーセンター以降の対応はひどいものです。

長期間在任し、派手なパフォーマンスで写真集まで出し、国としてやったことは郵政民営化だけという首相がいましたが、日本郵政は体質的に民営化などこのSLAの品質では到底できっこありません。

日本郵政、ゆうちょ、日本郵便。

ゆうちょなんてメインで使ってるほとんどはお年寄りですし、民営化しても国にもたれて鼻ほじってやってるようではそのうち愛想つかされますよ。

末端で給料だけ民営化した従業員が1番愛想つかしてるかもしれないと思ったのでした。

 

ABOUT ME
ケイスケ
グルメ、料理や日常生活の役に立つことをご紹介。シンプルな暮らし目指してます。 趣味は料理、食べ歩き、ブログ、ロードバイク、アクアリスト、カメラ、アウトドア、渓流釣りなど。奥多摩大好き。Amazon大好き。 Amazonist.jpの編集長やってます。 クックパッドもやってます。