くらしの知恵・雑学

30歳すぎてワーキングホリデーに行く価値があるのか【体験談】

こんにちわ、くるみ(@Kurumi_Nafmx )です。

実は私、30歳すぎてワーキングホリデー(ワーホリ)へ行こうと決意し、オーストラリアで6か月間のワーキングホリデーをしたんです。

ワーキングホリデー中に知り合った友達と食事に行ってきたときのこと。

友達
友達
後輩から、「いつかワーホリに行きたいけど、仕事もあるし年齢のことも気になるし、行っていいのか悩んでいる」って相談されたんだ~
わたし
わたし
ワーホリ行きたいなら、少しでも早く行くべきだよね

 

私も友達も同じ学年なので、ワーホリに行く前はその後輩と同じように、当然悩みました。

30歳という節目の年齢ということもあって、これからの仕事や結婚のこととか考えてしまう年齢で、その後輩の気持ちは確かによく分かる。

でも、はっきりと言いたい。

時間は有限。

行かないで後悔すると思うのなら、少しでも早く行った方がいい。

30歳の私がワーホリに行こうと決意するまで

この記事を読んでるということは、今すぐにでもワーホリに行ける状態で、行くか・行かないかを悩んでいる人だと思います。

なのでワーホリビザを申請できる年齢や状況だと推測して、話を進めていきますね。

 

私の場合は、30歳でワーキングホリデービザを申請して、31歳になる年にオーストラリアへ旅立ちました。

もちろんワーホリビザを申請できる年齢は、行く国によって違うけど、私が行ったオーストラリアでは、31歳の誕生日の前まではビザ申請が可能でした。

ここに書いてあるのは、あくまで私が申請した時点の情報です。現在の情報は別途ご自身で確認ください。

私はずっとワーホリビザって29歳までしか申請できなくて、30歳はアウトって思いこんでいたんですが

実は、オーストラリアのワーホリビザは31歳になる誕生日前まで申請することができるんです。

私がその情報を知ったのは30歳になる誕生月でした。

思い込みって本当に恐ろしい・・・

わたし
わたし

31歳を過ぎたらワーホリビザでは行けないんだし、年齢的にまだ間に合うなら、絶対に行かなきゃ。

今後こんなチャンスもタイミングもめぐってこないかもしれない。

きっと行かなかったら、ずっとこの先も後悔する。

直感的にそう思って、すぐにビザを取るための手続きや留学エージェント探しなど、ワーホリに関する情報収集を必死で始めました。

自分ですべてを調べて手配するのは大変だったので、留学サポートをしているエージェントを使いました。

アイエス留学ネットワーク

【0円留学】国内ワーホリ経由≫海外留学行き|留学貯金0円&英語力0の留学希望者を徹底サポートするのが「Global Dive」です。

 

その頃は契約社員として仕事をしていて、3月末までが契約期間。契約終了してからならワーホリに行ける!と計画。

幸いにも、以前からワーホリに行きたいと思っていたこともあって、就職してからコツコツ貯金はしてきて、ワーホリのための資金はあった。

わたし
わたし
行きたいと思っていたけど、なんで行けなかったの?と疑問に思った人は、プロフィールを読んでね。

 

当時のことを振り返ると、いろいろと条件が揃っていたんだよね。それが、ワーホリ行くって決意するための後押しになってくれた。

条件が揃う=今のタイミングでワーホリに行くべきってことじゃない?とプラスに解釈して、このタイミングで行くことの決心ができました。

この計画を立てて半年後に、無事にオーストラリアへ旅立ちました。

ワーホリへ行く前は、もちろん不安がいっぱいだった。

頭の中で「行くなら今しかない」って気持ちは固まったものの、やっぱり不安はたくさんありました。

例えば、仕事。

その当時は、1年更新の契約社員だったから、更新時に辞めることは簡単。今の仕事はいいとしても、ワーホリから帰ってきてから、どんな仕事ができる?希望する仕事に就けるの?と不安だらけ。

ずーっと考えていても、自分が安心する結論は出てこなかったので、このまま考えててもダメだと、途中で考え方を転換。

そもそも行く前に、帰国してからのことを心配しても仕方ないのでは?

だって帰国するのは約1年後。

現地での生活を通じて、やりたい仕事や興味のあることも今とは変わっているかもしれない。できることも英語のレベルも今とは違うはず。だから帰国したときに、今と同じことに興味を持つかなんて分からないし、帰国した時の求職状況も分からない。

それなら、今いろいろと先のことを考えて心配しても仕方ないよね?

他にも、現地でちゃんと生活できるの?バイトって見つかるの??生活コストはどのくらいかかるの???

本当に心配し始めるとキリがなくて。ネットでいろいろと調べたし、留学エージェントにも相談させてもらいました。

最終的に行きついた考えは、これ。

もし、お金がなくなったりバイトができなくなったりして、もうワーホリで生活するのが無理ってなったら、日本に帰国すればいいんだ!

 

当たり前っちゃ当たり前のことなんですが・・・。

1年間有効のワーホリビザを取ったら、できればビザの有効期間内ギリギリまで現地で生活したいと思う人が多い。

でも、必ずしもビザの有効期限ギリギリまで現地にいる必要なんてない。

自分の好きなタイミングで行って、好きなタイミングで帰国すればいい。

マジメ気質の私の場合、この考えに落ち着いたら、不思議と気持ちがラクになりました。

ワーキングホリデーに行くと決めたら、保険は絶対に加入!安心はお金で買える。

盛り上がった熱意と勢いだけでは出発しないでください。

行くと決めたのなら、自分が思い描く理想のワーホリができるように、事前準備は抜かりなく!

特に、海外留学専門の保険に加入することをオススメします!!!

なぜなら私は現地でケガをし、数か月も現地の病院へ通院することになったから。

ワーホリ中にケガをしてしまったことは本当に残念なのですが・・・きちんと海外留学用の保険に加入していたので、本当に助かりました。

加入する保険のプランにもよりますが、私が加入したのはキャッシュレスで現地の病院へ受診できるもの。ワーキングホリデー用の保険ならAIG損保

毎回の治療費を自分で支払うことなく(かかる金額も気にすることなく!)、ケガを治すために通院することができました。

そして、治療にかかった費用は全額保険でカバーされました。

つまり現地で通院に支払った費用は0円ってこと。

これってすごくないですか?

海外は医療費が高いとはよく聞く話。

保険に入っていない場合は、現地でかかる治療費は全額自己負担です。

日本とはケタ違いにかかる治療費を、通院するたびに自分で支払わなければいけません。

想像してみてください。

通院が必要なケガなのに、お金が高いからと費用を気にして通院できず治療できないとしたら・・・とてもツライですよね。あなたがそうならないためにも、ワーキングホリデーのために必ず保険は加入しておくべきです。

普段の生活で、ケガもしないし病気もしないって人は、保険って金額が安くないし、加入しないで費用を節約したいと思う人も多いはず。

ですが、海外での生活は、日本での生活とは全く違います!!

いつ・どこでケガするか分からないし、日本じゃ起きないことも起こる可能性があります。

なにせ海外という、日本とは全く違う慣れない環境で生活していると、自分では予測できない事態やアクシデントが起こったりします。

オーストラリアは日本と違ってバスタブがないので、お風呂に浸かることもできないので、日々の疲れも取りにくいし、疲労が溜まると予期せぬケガをすることもあります。

じゃあ保険に加入することをして、クレジットカード付帯の海外旅行保険でいいんじゃない?と思っているかもしれませんが、クレカ付帯の海外旅行保険は留学やワーホリでは使えないことが多いです!(※注意※ 私が調べた情報なので、期間など場合によって違うかもしれません。必ずご自身でご確認くださいね)

私の場合、現地での通院期間が長かったため、保険に加入していて本当に良かったと思いました。

もちろん、費用面を考えて節約したいと思ったし、決して安い買い物ではないです。

でも自分の安心といざという時のために絶対に加入しておくことをオススメします。

悩んだけど、30歳すぎてワーホリに行ってよかった。

ここまでいろいろと書いてきたけど、私のワーホリの感想は、

大変なこともあったけど、やっぱり行って良かった。

ケガをしたり、スマホを水没させたりとアクシデントはあったけど、ワーホリで得た経験は、普段の日本での生活では体験できないことばかりでした。

それにオーストラリアという、親も友人もいない場所で、自分ひとりで1から挑戦するってすごいことだよねって、自信もつきました。

もちろん帰国したら、英語力も上がっていました!

そして帰国後に、念願だった英語に関わる仕事に就くことができました。

ワーホリ中は楽しいことばかりじゃないけど、苦労した分だけ自分も成長できたし、悩んだけれども私は行って良かった。

今ワーホリ行こうかと悩んでる方、こんな私みたいなワーホリだってあるんです。

ワーホリ行かないとしたら、この先もずっと後悔しませんか??

お金がないとか言ってないで、やりたいと思ったことに挑戦してみませんか?

一歩でも日本から踏み出してみると、大きな世界が広がっています。

ABOUT ME
アバター
くるみ
名古屋の子育てママです。