考え方

通勤電車が止まってもストレスをためない、たった1つの方法


今回は、東京などの都市部にいれば必ず遭遇する、通勤電車が止まった時の話です。

では、早速ですが質問です。

あなたはもし通勤中に電車が人身事故で止まったりした場合、どうしますか?

大混雑の駅ナカで駅員に怒声をあびせながら無理やり電車に乗ろうとするサラリーマンのクソジジイもいますが、大抵の人はいつ動くかわからない電車に乗ろうと群がっているのではないでしょうか。大変言いにくいのですが、私に言わせればみんなバカだなぁとしか思えません…。

「じゃあケイスケはどうするんだよ!」という声が聞こえてくる気がしますが、私はというと即電車を降り、改札も出て、駅前のスタバかマクドナルドに入ります。人混みは嫌いだし、イライラしている人をみるとこっちまでイライラしてくるので見ないに限ります。

止まっている電車に向かって怒鳴っても並んでも、走れるわけじゃないでしょ

電車が止まってしまって動かないのだから、仕方がないじゃないですか。焦っても仕方がないし、止まっちゃった駅でコーヒーでも飲んで待ちましょうよ。別に駅員に怒鳴っても走り出せるわけないし、並んでいても駅員の移動の邪魔になるだけで、足を引っ張っているだけじゃないですか。

別にあなたが無理をして会社にたどり着いたとしても誰も感謝なんてしないし、仮に30分遅刻したとしても、別に会社は潰れませんよ。だったら会社に「電車が人身事故で1時間くらい遅れます」ってメールして、動き出すまで近くのお店とかでコーヒー飲んで待っていればよくないですか?

駅で行列作って待っている人も多いし、駅員になぜか怒っている頭おかしい人もいるし、順番抜かししてでも電車に無理に乗り込もうとする人もいるし、そこまで急いでどこへいくんだろう・・・。そこまでして仮に30分早く疲れて出社したところでだれが喜ぶんだろうなって。

もっとポジティブに捉えよう

私はむしろ逆の考え方している気がします。

ケイスケはこう捉えています
  • 朝ごはんを優雅に食べられる時間ができた。ラッキー。
  • 知らない街を知る機会を得た。

結果として電車がとまったストレスや、人で溢れかえる駅の居心地の悪さ、そういった負の感情を、むしろ「得した!」と思えるのではないかなって思います。

私の場合は遅く出社したとしても、そのぶん朝にリラックスする時間ができたことで仕事がいつもより効率よくできます。私は昔はくそ真面目な性格でしたが、当時はなんでも責任がー責任がーとかって思ってしまって自分を追い詰めていたように思います。他人の評価が怖かったんだと思います。でもそういうのやめちゃいました。むしろ辞めたら楽になりました。

ですが、まぁ自分がいなくても、仕事は別にどうにかなるだろ笑 と考えるようになってからとても楽になりました。実際問題、自分ひとりがいなくてやばい状況になる職場だったらそれもどうかと思います。自分の居場所はあると思っていますし、職場の人たちのことも信用しています。

自分が半日くらいいなくなったとしても、 案外どうにかなるもんです。大丈夫ですよ。そう考えたら、朝に電車がとまって1時間遅れたくらい別に大した話じゃないでしょう。それに一路線が止まったくらいなら尚更です。会社の人が全員同じ沿線にいるワケないですし。

一旦そういうケースは置いといて、でもそういうほどよいヌケ感って、メンタル的にとても余裕が生まれるなって思っています。電車が動かないのはあなたのせいではないし、どうしようもないんですから適度に気をぬいてサボってもいいと思いますよ。

この記事を執筆した日は人身事故で阿佐ヶ谷に止められたのですが、阿佐ヶ谷のパールセンター商店街のサンジェルマンでバタートーストにコーヒーという優雅なブレックファストを楽しんでいました。たかだか40分程度ですが、落ち着いた時間をすごせたのはいい気分転換でした。何より、朝に電車が止まるという最悪な出来事を、良い時間に変えることができました。

発想の転換で、不幸をラッキーに変えていけたらいいですね。

不幸かどうかは全ては捉える側のメンタル次第です。自分の幸せは自分で決めることが出来るのだから。

まぁ、テレワークが導入が進めば、こんなストレスからは解放されるんですけどね^^;

 

次のページは『テレワークを導入しない会社に未来はない

ABOUT ME
ケイスケ
グルメ、料理や日常生活の役に立つことをご紹介。シンプルな暮らし目指してます。 趣味は料理、食べ歩き、ブログ、ロードバイク、アクアリスト、カメラ、アウトドア、渓流釣りなど。奥多摩大好き。Amazon大好き。 Amazonist.jpの編集長やってます。 クックパッドもやってます。