カメラ

SONY RX-100でライトアップを撮影してみた

私は色々趣味がありますが、その中でもハマっているのが写真です。

といっても高級な一眼レフを持っているわけではなく、SONY の名機RX-100をメインにして活動してます。

RX-100といえば伴貞良さん。

SONY DSC RX-100だけで撮るブログや、ガイド本の執筆をされた方です。

今回はRX-100を使って夜景、ではなくライトアップを撮影してみました。

 

参考にしたのは伴さんのブログのこちらのページです。

RX-100で夜景

 

早速、紀尾井町(赤坂見附)周辺にて撮影してみました。

個人的にはブレがなく撮れただけでもマシwと思えてきます。構図には何の面白みもないですしw

1枚目はベンチの光が雨に濡れた地面に反射している様子を表現したくて撮りましたが、濡れた床の質感とか反射してる様子も自分の印象通りに撮れたと思うので一旦よかったということで。

 

設定および工夫したところ

シャッタースピード優先モード、ISO感度125、8秒前後で撮影してます。

シャッタースピードは場所によって明るさも違ってくるので一概に言えませんが、RX-100はシャッタースピードをカチカチ変えるとモニターの明るさも変わってくれるので、こんなもんの明るさで写るんだなーみたいなのはわかるようになってます。素敵すぎる。やりすぎるとせっかくの夜なのに、昼かよってくらい明るくなるので超微妙です。

夜景には必須ですがミニ三脚を使っているので、感度はなるべく抑えてシャッターを長めに開いています。三脚を使うときには手ぶれ補正OFFにするべし!とのことなので、その通りにしてます。

また、シャッターを押し込んだときにどうしてもカメラがズレてしまうので、夜景なんかはすぐにブレてしまいます。これを防ぐために2秒タイマーを使いました。

 

感想

良いカメラを買ったらやはり夜景が撮りたくなりまして、今回の撮影練習に挑みました。

スマホのカメラとは違って、空間を切り取るだけでなく芸術的なペーソスを加えて撮影できるのはやはり楽しいです。

実はこの写真を撮ろうと思うまで、ISO感度って何?状態でしたし、夜景を撮っても家に帰ったらブレまくってて泣いていましたので、ブレのない写真が撮れただけでも御の字です。

夜景の人物ポートレートを撮る場合はISO感度を上げてシャッタースピードを速くする、であってますかね?今後勉強していきたいと思います。

 

ブログトップのこの写真もRX-100で撮りましたが、これは確かオートで撮ったような気がします。なんの知識がなくてもこんな写真が撮れるなんて、このカメラほんとすげーなと思います。

 

これも今年の桜を撮影したものですが、やはり知識がなかった故に光が取り込みきれてない気がします。せっかくの桜の発色がただ単に青白くなってしまって、微妙です。

 

スマホで撮るよりはマシかもしれませんけど…。桜の季節にタイムスリップしたいものです。

もっと精進したいと思います。

 

今回撮影に使った道具

ABOUT ME
ケイスケ
グルメ、料理や日常生活の役に立つことをご紹介。シンプルな暮らし目指してます。 趣味は料理、食べ歩き、ブログ、ロードバイク、アクアリスト、カメラ、アウトドア、渓流釣りなど。奥多摩大好き。Amazon大好き。 Amazonist.jpの編集長やってます。 クックパッドもやってます。