おうちごはん

辛さがクセになる!オレ流ガパオライスの作り方

ケイスケ(@keisampo)です。

ゴールデンウィークはいかがお過ごしですか?どっか旅行行ったり美味しいもの食べたりしましたか?

うちはと言えば0才の娘が体調崩して上から下からマーライオン状態なので、24時間下痢と吐瀉物の処理をする毎日です。なので、気持ちだけシンガポール行ったつもりでやってます。

顔は寝不足でむくんでいるし目は死んでるし筋肉痛やばいし、せっかくの休みも暴れる娘のオムツ替えであっという間に後半戦突入です。

ホント、育児は大変っすね。

本日のメニューは、特製ピリっと辛いガパオライス

さて、そんな令和のスタート一発目の記事は、特製ガパオライスの作り方をご紹介しようと思います。

ピリ辛で大人向けなんですが、食べ応えもあるし暑くなるこれからの季節にはもってこいのレシピになっています。

所要時間は20分くらいなので、休日のランチとかにおすすめかな?

では材料紹介から! 鶏ひき肉が一般的ですが、豚ミンチで作るのもおすすめです。家にあるもので作ると良いでしょう。

僕の場合、鶏ひき肉の場合は中華風に、豚ひき肉の場合はアジアっぽい感じに仕上げます。

材料(2〜3人分)
  • 鶏ひき肉(豚ミンチもおすすめ)… 200g
  • ピーマン(パプリカもあるとなおよし) …2〜3個
  • 玉ねぎ …1玉
  • にんにく …3かけ
  • きゅうり …1本
  • トマト …1個
  • たまご(目玉やき) …人数分
  • ☆ナンプラー(or 醤油)… 大さじ3
  • ☆料理酒 …大さじ2
  • ☆砂糖 … 大さじ1
  • ☆中華あじ(味覇) … 小さじ1
  • チリパウダー(一味でも)…お好みで
  • ブラックペッパー …お好みで
  • ナツメグ(豚ひき肉を使う場合) …小さじ1/2
  • 花山椒(鶏ひき肉を使う場合)…小さじ1/2
  • 白ごはん … 200g × 人数分

豚ひき肉でつくる場合はナツメグを風味付けに使い、鶏ひき肉の場合は花山椒を使います。

STEP1:下ごしらえ

☆が付いている材料を全て混ぜておきます。

今回に限った話じゃないですが、調味料は先に合わせておくと失敗が少なくなるので初心者には特におすすめ!

ピーマンと玉ねぎを細かく刻んでおきます。

にんにくはスライスに、付け添えに使うきゅうりとトマトは角切りにしておきます。

これで下準備は完了!

ガパオミートをつくる

smacap_Bright

油(分量外)をひいて弱火〜中火でにんにくを加熱します。

油の種類ですが、鶏ひき肉ならごま油。豚ひき肉ならサラダ油 or オリーブオイル。

豚ひき肉は油がよく出るので薄く引きましょう。

ひき肉を入れて炒めます。

強火でやると水気が出てビッチャビチャになってしまうので、ふっくらと美味しく仕上げるには弱火〜中火でじっくり火を通していきます。

基本的に、料理において強火は滅多に使いません!

色が変わってきたら玉ねぎ、ピーマンを入れて軽く火を通し、ブラックペッパーをふっておきます。

火が通ってきたら合わせ調味料を入れ、馴染んでいたら火を止めます。

あとはお好みで辛味を付けていきます。

僕は今回レッドペッパーを使いましたが、チリパウダーとか一味でもオッケーです。

鶏ひき肉の場合は花山椒がおすすめ!ピリッと四川風になってかなり美味しいですよ。

ガパオ食べるなら必ずトッピングしたいのが目玉焼き。

何でもいいので油を少し多めにひき、白身のフチがカリッとするように強火で揚げ焼きにします。

半熟にしたいので裏返す必要はありませんが、両面焼きたい人は裏返してさっと焼いても良いでしょう。

これで全ての工程は終わりです。あとは盛り付けて完成!!

完成!


茶碗にご飯をよそってお皿にポンとやれば綺麗に盛り付けができます。

今回はご飯の上が平らになるように盛り付け、ガパオミートと目玉焼きを載せました。

周囲には角切りのきゅうりとトマトで彩りを。

タコライスみたいな感じで盛り付けてみました。

フレッシュバジルなどがあれば叩いてのせるのも良いでしょう。

とろとろの半熟黄身との相性バツグンです!

ガパオを辛めに作っておくと、黄身のマイルドな食感とマッチするんですよね。

ガパオライスみたいな料理は味と食感が変わらないので、途中で飽きるのが難点です。

そこできゅうりの登場なんですよ。

きゅうりのコリコリした淡白な食感は漬物のような働きをしてくれるんですよね。もちろん、レタスとかでもOK!

アボカドやトマトも、素材がもつ甘みが味のメリハリのアクセントになるのでおすすめです。

冷蔵庫に材料があったら、ぜひ作ってみてください。

あ、ちなみに使っているお皿は山崎春のパン祭り2019でもらったプレートです。

パン祭りの皿は薄くて強度もあり、形もちょうどいい。

ホント使いやすいので今年ゲットできていない方は来年こそ頑張ってくださいな。

ABOUT ME
ケイスケ
フリーランスのシステムエンジニアですが、面白そうな仕事はなんでもやってます。 趣味は料理、食べ歩き、ブログ、ロードバイク、アクアリスト、カメラ、アウトドア、渓流釣りなど。 クックパッドもやってます。