子育て

これがないと無理!本気で買ってよかった必須の育児グッズまとめ【随時更新】

はじめての子供の対面。

嬉しい反面、「育児」という新しい挑戦に不安もあることでしょう。

そこで今回は、けいすけが嫁と悩んだすえに結果として「買ってよかった!」と心底感じた育児グッズをまとめて紹介したいと思います。

買ってよかったグッズまとめ

プーメリー

生後1ヶ月目で購入しましたが、これは本当に助かりました。

だいたい1ヶ月半が過ぎた頃から、プーメリーを見て踊るようになりました。

寝付かせる時の音楽としても毎度お世話になりました。

うちの子は音楽が鳴り終わると泣いてしまうほど気に入っています。

ここにテキストを入力

  • 電池が単2で購入時点では付属していないのでご注意ください。
  • 1ヶ月も立たないうちに電池も切れるので、ランニングコストが多少かかります。

が、それだけ使うということです。

 

電動鼻水吸引器 メルシーポット

手動、ハンディタイプの電動などいろいろありますが、結局これが一番良いです。

鼻水を吸うとき、子供はとても嫌がるのでささっと終わらせたいのですが、手動もハンディの電動吸引器もパワー不足です。

メルシーポットがどうしても高いという方は手動、電動ハンディどちらも買ったほうがいいです。

電動ハンディは電池がすぐに弱まって吸引力も落ちてくるので、充電池を使うことをオススメします。

口で吸うタイプは使い物にならないので(子供の風邪がうつる)、買う必要はありません。

ほ乳瓶 母乳実感

結局これに行き着きます。

実績多数のほ乳瓶なので、間違いありません。

3ヶ月になろうかというあたりでほ乳瓶を嫌がるようになったら、スリーカットの乳首を購入してみましょう。

哺乳瓶消毒 レック Dream Collection 電子レンジ用

ミルトンのような液につけるタイプを買いがちですが、漬け込み時間を待たずに使わなければいけない機会が増えてきます。回転が間に合わなくなってくるんですよね。

これを使うとお湯を少量入れて電子レンジで3分チンで済みます。

基本的には電子レンジで消毒できるこちらを使い、これでは殺菌できない菌を除去するために週に一度ミルトンを使うのが現実的。

ピジョン 搾乳機

母乳がよく出るようになると、自分で搾乳しないと痛くて辛いそうです。(妻談)

なんだかんだで良く使うグッズです。

電動の方が圧倒的に楽なのですが、使うかどうかも人によるので手動でも良いかと思います。

エルゴ(抱っこ紐)

外出する時にはベビーカーか抱っこ紐になりますが、エルゴはやっぱりオススメです。

がっちりしている分大きいうえにつけ外しも大変なのですが、首が座るまえから使えることと、長時間の移動でもカラダへの負担が少ないのはかなりのメリット。

通年使うなら絶対にメッシュタイプがオススメです。

スリング

エルゴを出すまでもない外出、部屋の中で抱っこするのに使いたい という時に非常に役立つのがスリング。

寝付かせる際には特に便利。

長時間抱っこをすると手首と腕への負担がかなり大きく、ひどくなるとけんしょう炎になる恐れもあるので、スリングをうまく使いこなせるようになると、育児がかなり楽になります。

うちの妻はけんしょう炎寸前でも頑張ってくれています。尊い…。

もいもい

1ヶ月半の頃、もいもいを読み聞かせてあげたところ、ウチの子は笑顔でニコニコ活発にカラダを動かすようになりました。

この頃から赤ちゃんが反応する絵本はかなり貴重です。

赤ちゃんとのコミュニケーションとしても大活躍してくれるので、オススメです。

オムツの防臭袋 BOS

ミルクを飲んでいるうちはあまりうんちも臭いませんが、母乳が増えてくるとうんちの匂いも強くなります。腐ったヨーグルトのような匂い…。

ロタのワクチンを打った後、下痢をして以来、うんちの匂いが気になり始めました。

そこで役に立つのがこちらの袋。

うんちした時だけはこの袋に入れてます。

おむつを捨てる専用ゴミ箱(自動でシーリングしてくれるやつ)もありますが、ランニングコストも高いしあんな高いものいりません。これで十分。

おむつ替えシート

2枚は絶対欲しいです。

おむつ替え以外にも、お風呂上がりで服を着替えさせたり、授乳中の吐き戻し対策として下に敷くなど、かなり役に立ちます。

うちはニトリのやつを使ってます。

さいごに

今回は、産後すぐから役に立つグッズをご紹介しました。

ここに挙げたものはひとつでも無くなると想像すると「あり得ない」と感じるものばかりです。

快適な育児は精神に余裕をもたらすもの。

疲れ果てて夫婦でけんかが絶えない子育てはとても辛いものです。

心にゆとりを持って過ごすためにも、ぜひ揃えておきましょう。

0歳児のパパ、けいすけでした。

 

ABOUT ME
ケイスケ
1985年名古屋出身。一児(娘)の父。東京のIT企業で8年在籍し、多くの案件を渡り歩いたのちフリーランスとして独立。エンジニアのお仕事とブログで生活しています。月間70,000PVの当ブログ「けいさんぽ。」の主宰。ライフハック、グルメ関連の娯楽記事が中心です。