アトピー治療体験記

森の診療所での最後の診察。

先日、半年ぶりに流山市にある森の診療所へ行ってきました。

アトピーを治したくて、上京する前からわざわざ診察に通っていたのですが、
今回をもって森の診療所を卒業することに決めていて、これが最後の診察でした。

なぜ卒業すると決めたのか、その理由をつらつらと書いていきます。
2019年4月から料金設定が変更されていたので、それについてもお知らせします。

誤解のないように先に書いておきますが、この記事は医者批判ではありません。


「診察そのものに不満がある」とか「出された薬が効かない」という理由ではありません。先生の見立てで処方された薬で、私の症状は改善してきました。
単に「通い続けるのにはお金がかかりすぎる」という結論に達したからです。
その視点で、この先を読んでもらえるよう、お願いします。

私は自由診療を受けていて、メール診察というものを受けていたのですが、
それでは症状が改善しなかったため
(写真で体の状態を診察してもらうことに限界があったようで)
「前回の受診から時間が空いているし、一度、医院を受診してください」
と言われてしまい、今回は行くことになりました。

電車を乗り継ぎ、2時間ほどかけて森の診療所に到着。

受付に診察券を出そうとしたところ、
「料金改定のご案内」
という紙を見つける。

内容はこんな感じ。

予約料金は廃止し、2019年4月からは診察時間制として料金を計算します。
診察時間1分あたり¥780
診察とは、診察室に入室してから退室するまでの時間となります。

え??一言も聞いてないんだけど!?

3月中旬に予約を取るように言われた時に、
「久しぶりの診察のため、時間がかかるので、予約は2枠分のお時間を予約してください」
と言われたんですよね。

確か今までは、予約料が1枠=10分¥2160
毎回2枠の予約となっていたので¥4320
それとは別に、再診療¥7560が毎回かかっていました。

当日受付に行ったら、
「料金が時間制に変わりました」ってどういうこと?
おかしくないですか?
変わるのであれば、受診する前に伝えるべき事ではないんでしょうか?

この日は受付した時点で、
「こんな重要なことを先に伝えないなんて、信じられない」という
裏切られたような、なんだかとても嫌な気分に。

だって、 予約の時点で料金が改定されたと知っていたら、受診しなかったかもしれない。
でも教えてもらえずに(電車で2時間もかけて) 医院まで来てしまっている以上
そのまま、とんぼ返りできなかった。

だいたい平均的な診察が10分~20分の診察なので、
診察料¥7800~¥15600

これって、高すぎません?

確かに特殊な診療をしているので、診察に時間がかかるんです。それは理解してます。
でもね、入室してから退室するまでの丸ごとが、診察の時間ではないんですよ。
薬の飲み方やどういう順番で処方するのがいいかなど、
それも「診察時間」に含まれるなんておかしくないですかね?

まぁ自由診療に切り替わった時点で、
予約料やら初診料(再診療)を取るようになったんだと記憶してますが、
料金が改定されるのであれば、患者に通知すべきことだと思いました。

それに、以前は料金がかからなかったのに、
いつからか突然、何でもかんでも料金を取るように変わってしまったんですよね。

今回、帰宅してから領収書をしっかりと見て驚いたのは、
「漢方散剤調剤料」というもの。

医院で独自に調合した漢方薬ではないのに、
1種類あたり¥1080も調剤料として請求されていたんです。

作られた漢方薬を詰め替えただけで、ですよ?

これって調剤というのでしょうか?

自由診療とはいえ、お金がかかりすぎる。
それに、以前はなかった「金儲け」を感じるようになってきました。

以前(保険診療をしていた頃)は、本当に親身になって
良くしてあげようという姿勢が感じられる診察してくれていたので、
このように料金改定され、どんどん患者からお金を取る方針に変わってしまったことが残念です。

他にも、これだけ長くかかっているのに、
アトピー完治とまでは行かないのも、卒業する理由の一つです。

診察してもらい、処方された薬はしっかり効果が出ます。
ですがまた別の原因が出てきて、アトピーそのものの完治には至らない。
そういった状況が続いているんですよね。

そういった視点から、卒業することにしました。

目的は、森の診療所に通い続けることではなく、アトピーを完治させること。

アトピーが完治すれば、手段はどうでもいいのではないかと。
あえて高額な自由診療を選ばなくてもいいんじゃないかと。
完治という結果が出せるように、別の方法に切り替えようと思います。

ABOUT ME
アバター
くるみ
名古屋の子育てママです。