ライフハック

iPhoneユーザーはAirPods2が出る前にAirPodsを今すぐ買え!間に合わなくなっても知らんぞ!【実質値上がり】

いよいよ、2018年内に発売するだろうというリークも出始めたAirPods2。

本日は、第1世代AirPodsのインプレと次世代機になるAirPods2はどうなの?待ったほうがいいの?的な話をします。

結論から言うと、後悔するから次世代機が出る前に今すぐ買え!です。

ワイヤレスイヤホンの世界

Bluetoothのイヤホンやヘッドホン、あなたは使っていますか?

『コードレス』ただそれだけなのですが、想像以上に素晴らしいユーザー体験をもたらします。

もっともわかりやすいのが『ながら体験』。

料理をしながら、家事をしながら、掃除をしながら、部屋のどこにiPhoneを置いていてもイヤホンだけで電話したり音楽が聴けるのです。

自分が特に感じたメリットは、充電器に挿しっぱなしにしてiPhoneを置いて置けるので、電池が減ってきても自分がコードに縛られる必要がなくなりました。

買って実際に使ってみなければわからないない体験です。

そんなBluetoothの無線イヤホンですが、その中でもやはりおすすめなのが今回ご紹介するAirPodsです。

 

 

使い始めてはや1年。私はiPhoneユーザーですが、AppleのAirPodsを使って人生が変わりました。

ここがすごいよ!AirPods

その1.iPhoneとの接続が早い

近づけてケースをパカっと開けるだけで、勝手につながるのが楽チンでいいです。

メーカー統一のなせる技です。

その2.軽い

スカスカの落花生並みに軽いです。

装着している感覚がなく、ストレスになりません。

かといって風で飛ばされることはありませんのでごあんしんを。

その3.構造が単純

パーツは本体のみ。

シンプルなのが、いいのです。

カナル式とかだとインナーイヤーのゴム部分がどっかいってしまったりとかさまざまなトラブルが起きますが、そういう煩わしさがないのです。

BOSEのBluetoothイヤホンもよく比較に上がってきますが、じつは私自身もBOSEは大好き。

迷った末に結局BOSEを見送った理由が、ラバーコーティング部分がベリベリ剥がれる故障が多いことを知ったから。

↓例えばこれです。

ビックカメラとかヨドバシいくと、ラバーの部分が剥がれているBOSEイヤホンをよく見かけます。

一方、AirPodsはそういった故障や断線の心配がありません。

本体のみの単純な構造なのは素晴らしい。

その4.耳から外れない

私はiPhone付属のイヤホンは耳に合わない人間です。

そんな私ですが、AirPodsにしてからというものボロっと取れたということはないです。

ティムクックCEO曰く、

「イヤホンが外れる理由はコードが重いから」

それは本当だったようです。

耳掛けのパーツが売ってますが、あんなもの全く必要ありません。ケースのシリコンジャケットもいりません。

電車に乗り込むときなど、落としたらまずいときだけイヤホン押さえながら乗ればいいのです。

その5.電池はかなり持つ

電池はかなり持ちます。

イヤホンは電話で2時間くらい話すとバッテリー切れを起こしますが、音楽だけならかなりの時間聴いていてもバッテリーが切れることはありません。

ケースにもかなり充電できていて、毎日通勤と電話で使っている私でも、週に一回ほど職場のiPhoneの充電器に挿しておけば充分持ちます。

電池切れをストレスに感じたことはありません。

もうすぐAirPods2(次世代)がでるみたいだけど発売を待った方がよい?

AirPodsの魅力を聞いて欲しくなった貴方に今回の記事で伝えたいのがこれです。

次世代AirPodsが出たら買おうか、と思っているなら、

ばかもん!!今すぐ買え!!間に合わなくなっても知らんぞ!!

です。

というのも、個人的には次世代AirPodsはツッコミどころ満載。

的外れなアップデートばかりが予想されます。

AirPods2(ハイエンド仕様)のアップデート内容

AirPods2はハイエンド向けと言われているみたいです。

2018年11月現在、ネットで調査をして見たところ、

AirPods2のアップデート内容

・非接触(ワイヤレス)充電の実装

・音質向上

・Siriの操作向上

・心拍数計などの生体認証センサーの搭載

・防水機能

・ノイズキャンセリング

が検討されているようです。

一個づつユーザー目線で必要かどうかを検証していきましょう。

非接触型充電の実装

耳につけているあいだも電力供給されるというのであれば革命的なんですが、使ってる時はどこにいても構わないケースが非接触充電ができて何が嬉しいのでしょうか。

規格統一したいApple側の都合に思えて仕方ありません。

AirPower発売後、Appleユーザーがたどる悲惨な末路Appleユーザーのケイスケです。 今回は、AirPower発売に端を発するAppleの野望とユーザーがたどる末路についてお話しし...

音質向上

たしかにこれは一見アリですが、高音質で音楽を聴きたいときはゼンハイザーなりBOSEのヘッドホン挿した方がいいと思います。

AirPodsの音質が上がっても、そもそもiPhoneの内装アンプが微妙なので…。

そもそもAirPodsは半解放イヤホンなので、音量を上げれば外にだだ漏れです。

私は音質は割と気にする方ですが、AirPodsは及第点の音を出してくれていると感じます。

Siriの操作向上

Hei!Siri!

残念ながら、街中でSiriを呼んでる日本人を私は見たことありません。

外国人も見たことないけど・・・。

心拍数計などの生体認証センサーの搭載

ウワサが本当だとしても、イヤホンにつける意味ありますかね…?

防水機能

汗や雨に強くなるのは、いいと思います。

防水はいえ生活防水レベルのようなので、水没はNGです。

ノイズキャンセリング

これは良いアップデートですね。

街中や電車などでは大変ありがたい機能です。

電話をしたりするときにもいいですよね。

ですが、AirPodsを使っていてこの観点の不満を持ったことはないです。

それよりも最悪なのが・・・

こんな感じで個人的にはいまいちピンとこない次世代機。

めぼしいアップデートがないうえに懸念されるのが、

値段は初代の17000円の現在よりも上がる可能性が高いという点です。

iPhoneXsやiPadProの発売状況をみても、Appleは価格を上げてくる可能性が高いでしょう。

ただでさえイヤホンに17000円をかける価値があるかどうか?という点で導入に迷う人がいるにも関わらず、値段をあげてよいものでしょうか。

イヤホンに17000円も支払うのは、興味がない人にとってはかなり高いと感じるでしょう。

もし次世代AirPodsの発売と共に、初代が消えてしまった場合、なくても困らない機能つきの次世代機をより高い値段で買わなければいけなくなる可能性があります。

それならAirPods離れ加速するでしょ・・・。

発展途上なBluetooth市場だからこそAirPodsは勝負できているのに、これからの競争が激化していくとiPhoneユーザーにとっても複数ある選択肢のひとつになりかねません。

まとめ

90%の人にとって、AirPodsは初代で十分です。

必要のない大げさな機能をたくさん乗せた次世代AirPods(値段も高い)が発売する前に、現在発売しているAirPodsを手に入れておきましょう!

この素晴らしいユーザー体験は、現行機種でも十二分に味わえます。

市場から初代AirPodsが消える前にぜひお買い求めを!

 

 

ケイスケでした。

【迷ってるあなた!】iPad Proを買うなら第2世代を買え!こんばんは、ケイスケです。 と悩んでいる方は多いでしょう。 結論から言うと、買うなら第3世代ではなく、第2世代のiP...
AirPower発売後、Appleユーザーがたどる悲惨な末路Appleユーザーのケイスケです。 今回は、AirPower発売に端を発するAppleの野望とユーザーがたどる末路についてお話しし...
ABOUT ME
ケイスケ
1985年名古屋出身。一児(娘)の父。東京のIT企業で8年在籍し、多くの案件を渡り歩いたのちフリーランスとして独立。エンジニアのお仕事とブログで生活しています。月間70,000PVの当ブログ「けいさんぽ。」の主宰。ライフハック、グルメ関連の娯楽記事が中心です。