くらしの知恵・雑学

熱い飲み物を入れた水筒の中身が漏れる!その原因と対策

けいさん
けいさん
どうも、けいさんです。

朝も肌寒くなってくると、ベッドから出るのがツラいですね。

そんな寒い季節になると、職場にホットコーヒーや温かいお茶を持っていきたくなりますよね。

そんなときに大活躍なのがサーモスなどの保温機能がある水筒です。

でも、職場にいく途中で水筒の中身がカバンの中で漏れていたなんてことありませんか。

あれ凹むんですよね。僕も一時期どうしたもんやらと悩みました。

先日、ブランドバッグのなかで水筒からホットコーヒーが漏れるという大惨事を経験し、本格的な対策に乗り出しました。

水筒が悪いんじゃないか?と疑って漏れない水筒を探したりもしたのですが、いろいろ調べた結果、なぜ水筒に熱い飲み物を入れると漏れるのか?がわかりました。

そして自分なりの水筒の中身漏洩対策もできたので、みなさんにもシェアしとこうと思った次第です。

 

漏れる原因は温度にあり

勿体ぶらずに原因教えますね。

原因は、密閉容器の中に熱すぎる液体を入れているかららしいです。

最近の水筒は漏れにくくはなりましたが、テクノロジーが進化した昨今でも熱い液体を密閉した状態で漏れを完全に防ぐには難しいようですね。

僕の調査によると、これはどのメーカーの水筒でもおおむね同じらしいので、水筒の選び方が悪いということではありません。

ワンタッチで蓋が開くタイプの水筒に熱い飲み物をいれて持っていき、職場で開けたときに「ポンッ!!」という音を立てて勢いよく蓋が開いた経験はありませんか?

これは、水筒内部の圧力が高まっているからおきる現象です。

蓋が開いた瞬間に内圧の逃げ道ができた結果、勢いよく蓋が開くわけですね。

この圧力こそが、水筒の隙間から中身が漏れだす原因の正体です。

理科で習ったと思いますが、復習です。

まず、水は熱されると気化して蒸気となります。

液体が気体に変わってしまうと体積は実に1700倍に膨れ上がり、そのぶん水筒内部の圧力が高まります。

気球なんかは空気を熱して膨張した圧力でバルーンを膨らませて浮いてますよね。

あのバルーンの中身と同じことが水筒内で起きているイメージです。

パッキンが緩んでいたり、締めが甘かったり、水筒に少しでも隙間があると、空気は逃げ道を求めてそこからジュワッと中身が吹き出すというわけです。

水筒の中身が漏れないための対策

ここまで読んだ方ならお察しはついているかと思いますが、水筒の漏れを防ぐ対策は中身を冷ますです。

メーカーの推奨は、70℃くらいまで冷ましてくださいだそうです。

けいさん
けいさん
水筒の説明書をちゃんと読んだらそう書いてありました。灯台下暗しですね。

70℃っていうのは人が飲めるくらいの温度なので、少し飲んでみて飲み頃だな〜と感じたら蓋をしめてOKという判断になります。

最近の水筒の保温機能は真空断熱という技術によって、時間が経っても温度はほとんど下がりませんからね。

70度まで冷ましてから職場に持っていっても、そのままの温度で美味しく飲むことができます。

冷ます時は是非アツアツの状態で水筒に入れて冷ましましょう。

水筒自体も温まるので保温効果が高まります。

まとめ:水筒の中身はちょっとだけ冷ませ

では、今回の記事のおさらいです。

  1. 水筒が漏れる原因は「中身が熱すぎるから」
  2. 70℃くらいに冷めるまで、蓋は絞めない
  3. 70℃は飲みごろの温度なので、少し飲んで確かめよう

たったこれだけのことを守れば、トラブルを防ぐことができます。

ぜひ明日の朝から実践してみてくださいね。

けいさん
けいさん
お気に入りのタンブラーで、ぜひ職場でも美味しいコーヒーライフを。

イニシャル サーモス水筒 直飲み ブルーノ アルファベットタンブラー 400ml スリム
created by Rinker

ABOUT ME
けいさん
けいさん
社員を持たない主義のミニマル起業家。今年会社設立予定。執筆活動/ブログ・メディア運営/システムエンジニアなど。妻のくるみと婚活の事業Marry Me!を始めました。