サロン・デュ・ショコラ

日本最大のチョコレートの祭典、サロン・デュ・ショコラの魅力とその楽しみ方

今年も開催!サロンデュショコラ2019の最新情報はこちらから


[kanren postid=”3053″]

みなさんはチョコレートはお好きですか?

コンビニ、スーパー、ドラッグストア、いつでもどこでも手に取ることができるチョコレート。

疲れた時に食べる一粒のチョコレートは、あなたの心に染み渡り、元気と活力を与えてくれるのではないでしょうか。

チョコレートとコーヒーはとても似ています。

産地による違いや特徴、その香り高さや取り扱いの難しさ。疲れた人々を笑顔にし、活力を与える。

そんな現代人を癒してくれるチョコレートですが、その美味しさの裏には、カカオ豆に関する専門知識と洗練された技術、職人たちのたゆまぬ努力と研究があるのです。

世界には多くの種類のカカオ豆が存在しますが、なにもしなければカカオ豆はとてつもなく苦いだけの豆です。ですがそのカカオ豆を研究し続け、その特徴を生かした上で味わいやビジュアルを芸術作品と呼べるレベルにまで引き上げる職人たちがいます。

そんな彼らを我々は敬意を込めて『ショコラティエ』と呼び、世界中の人々から彼らは愛されています。

繰り返しになりますが、彼らが生み出すチョコレートはもはや芸術品。

彼らのショコラトリーのショーウィンドウは、まるでブティック。宝石店のようにひかり輝いています。

その美しさ故か、高級チョコレートは時に恋人や大切な人へのプレゼントとして、時には自分へのご褒美として用いられ、バレンタインデーを中心に文化としても人々に深く根付いています。

そんなチョコレートを生みだす世界中の名ショコラティエたちがバレンタインデーを目前に日本に来日、1つの会場でおのおの自慢のチョコレートを直接販売する日本国内最大のチョコレートの祭典、それがサロン・デュ・ショコラです。

そんなサロン・デュ・ショコラの魅力、楽しみ方についてご紹介できればと思います。

実際に有名パティシエ、ショコラティエに出会える

店頭に立つパティスリー・サダハル・アオキ・パリの青木定治さん

サロン・デュ・ショコラでは、それぞれの国から著名のショコラティエが来日し、各ブースで自分の手でチョコレートを販売しています。

ショコラティエと実際にお話したり、記念撮影にも応じてもらえたり、サインをしてくれたりとふだんは顔を見る機会もない作り手側と、そのチョコに惚れ込んだファンとの交流の場でもあります。こんな機会、滅多にないですよね。

店頭でイベントを盛り上げるル・ショコラ・ドゥ・アッシュの辻口博啓さん

日本では知らない人はいないであろうパティシエ界の重鎮、ル・ショコラ・ドゥ・アッシュの辻口博啓さんやトシ・ヨロイヅカの鎧塚 俊彦さんも来場します。

そしてふつうに店頭にいますので、ブースを訪れるとその姿を拝見することができます。これってふつうにすごくないですか?笑

デュバイヨルのチーフ、ロイックさん

私はDEBAILLEUL(デュバイヨル)のチョコレートのファンなのですが、ほぼ毎年会場でチーフのロイックさんと記念撮影させていただいてます笑

もうひとりジルさんというチーフの方がいらっしゃるのですが、一度しかお会いできておらずその時にもらったサインは今でも大事に保管しています。

こんなに身近に憧れのパティシエたちと触れ合えるのは、サロン・デュ・ショコラだけです。

いろんなパティスリーの高級チョコを試食できる

このイベントのすごいところは、試食できるお店の多さです。

サロン・デュ・ショコラで販売されるチョコレートは、基本的にどれも高いです。

タブレットもひとつぶ300円はしますし、少なくとも4つでひと箱なので1,500円、2,000円超えは当たり前です。

箱が可愛いから〜とか、ジャケ買いでポンポン買えるのは一部の人で、一般人にはひと箱買うだけでも慎重にならざるを得ません。

ですが、サロン・デュ・ショコラでは試食をさせてくれるお店がたくさんあります。

このイベントは、世界のパティスリーにとって日本というマーケットにおけるPRの場でもあるので、高級チョコレートを試食として大盤振る舞いしてくれます!

とくに新規で出店したパティスリーは狙い目!試食させてくれる可能性が高いので事前に発売されるムック本でチェックして必ず訪れましょう。

2018で新規出店したアレクサンドル スターンは、ひと粒あたり400円はするだろうはちみつ入りガナッシュを1/2サイズで試食させてくれました!

あまりの美味しさに感動した妻は、僕へのバレンタインとしてアレクサンドル スターンのチョコを購入しプレゼントしてくれました。

日本ではまだ著名でないパティスリーは、やはりじっさいに食べてみないとわかりません。

見た目だけでなく味もチェックしたうえで購入できるのは、サロン・デュ・ショコラの醍醐味でもあります。

日本に店舗がないパティスリーのチョコレートが購入できる

サロン・デュ・ショコラには、日本初上陸のパティスリーや、国内に店舗を持たず、国内販売はサロン・デュ・ショコラのみというパティスリーが存在します。

この機会を逃すと、フランスやベルギーにある店舗までいかないと、見ることも食べることもできないということです。

僕はそういったパティスリーを事前に調べて、必ずブースに立ち寄るようにしています。

また、国内でも東京にしか店舗がなかったり通販を行なっていないパティスリーもあったりするので、地方に住んでいる方にとってはレアなチョコレートがたくさん並んでいるということになります。

マニアックな領域ではありますが、そういった目線でブースを回ってみるのも面白いですよ!

会場限定販売の新作を食べることができる

これこそサロン・デュ・ショコラの真骨頂!会場に行くべき最大の理由でもあります。

サロン・デュ・ショコラでは、パティスリーの新作や会場でしか販売しない商品を購入することができます!

著名なパティスリーでも会場のみでしか販売しない商品があるので、相当ちからを入れているイベントであることがわかります。

これはサロン・デュ・ショコラ2014でデュバイヨルが会場限定で販売したカップケーキ。

僕はこのケーキを食べて人生が変わりました。大げさではないです。

これまではグルメといってもいわゆるフードばかりで、スイーツには全く興味がありませんでした。むしろ甘いものが苦手なくらい。

ですが、デュバイヨルのブースの前をたまたま通りかかったときチーフのジルさんが声をかけてくださり、物は試しとこのカップケーキを買って帰りました。写真に写っている紙に書かれた金の文字は、その時にジルさんが書いてくれたサインです。

帰ってからこのケーキをひとくち食べた時、稲妻に打たれたような衝撃が身体中をかけめぐりました。

「なにこれ、おいしい……!」

思わずそんな言葉が勝手に口からこぼれ、笑ってしまいました。

この黄色いシトロンケーキ、なかにはフランボワーズのソースが入っており、上品な甘さと適度な酸味、フランボワーズのアクセントが最高のバランス。濃厚な口どけとふっくらとしたスポンジに染み込んだフランボワーズの食感が口に広がり、食べ終わるまで味が変化し続けるのです。

コンビニスイーツや、カフェ、街のパティスリーくらいしか食べたことがなかった僕にとって、このケーキを食べたことは人生を変える経験となりました。

あの味を超えるスイーツに出会いたい!また感動したい!

そんな思いからスイーツというジャンルに目覚め、ありとあらゆる有名パティスリーのケーキを食べましたが、こんな美味しいケーキは後にも先にも食べたことがありません。

まさに、原点にして頂点というやつですね。

デュバイヨルの商品も食べ続けていますが、これを超える感動を味わったことは今現在でもありません。(そもそもデュバイヨルがこのあとカップケーキを作ったという話は聞いたことがない。)

これは会場限定の特別メニューなので、もう2度と食べることはできません。

このように、人の価値観を変えるほどのスイーツとの出会いが、サロン・デュ・ショコラの会場であなたを待っているかもしれません。

さいごに

新宿伊勢丹で開催された、サロン・デュ・ショコラ2014

サロン・デュ・ショコラは、新宿伊勢丹の催事場から始まった入場無料のイベントでしたが、今では東京国際フォーラムを使ったり、新宿NSビルの地下を丸々使い、チケットまで販売するほどの一大コンテンツへと変貌しました。

人の多さとブースの多さで、以前ほどショコラティエの方々との交流ができないイベントへと変わってしまったのは残念で仕方ありませんが、美味しいチョコレート、スイーツを求めて会場へ人々が押し寄せるのは、そこに感動があるからという裏づけでもあります。

そして、サロン・デュ・ショコラか盛り上がることで、国内進出するパティスリーが増え、全国のどこでも美味しいスイーツを食べることができる日が来るかもしれません。

商魂たくましくなると味が落ちる、これはもはやセオリーなのですが、年に一度パティシエとの交流を通してファンとして応援し続けるのもこのイベントの醍醐味ですし、もしかしたら、パティシエにとっても初心に帰るきっかけになっているのかもしれません。

チケットが簡単に手に入らないほど敷居が高くなってしまったサロン・デュ・ショコラですが、まだ行ったことがないという方はぜひ一度行ってみてほしいと思います。

そしてあらゆるブースをめぐって試食をさせてもらってください。

パティシエさんに声をかけてみてください。

その出会いが、あなたの残りの人生を変えるきっかけになるかもしれませんから。

La Magie(ラ・マジ)

ショコラの魔法があなたにも届きますように!

グルメライター・ケイスケ

今年も開催!サロンデュショコラ2019の最新情報はこちらから


[kanren postid=”3053″]

ABOUT ME
ケイスケ
1985年名古屋出身。一児(娘)の父。東京のIT企業で8年在籍し、多くの案件を渡り歩いたのちフリーランスとして独立。エンジニアのお仕事とブログで生活しています。月間70,000PVの当ブログ「けいさんぽ。」の主宰。ライフハック、グルメ関連の娯楽記事が中心です。