ライフハック

【迷ってるあなた!】iPad Proを買うなら第2世代を買え!

こんばんは、ケイスケです。

iPad Proが欲しいんだけど、第3世代と第2世代どちらがいいの?

と悩んでいる方は多いでしょう。

結論から言うと、買うなら第3世代ではなく、第2世代のiPad Proを今すぐ買え!です。

実際に第2世代iPad Proを使い倒している僕の目線で、第3世代の魅力の無さを徹底的に解説します。

第3世代のiPad Proと第2世代の比較

第3世代のiPad  Proは、第2世代と比べてどのような機能があるでしょうか。

以下にまとめました。

iPad Pro(第3世代)の変更内容
  • ホームボタンを廃止、画面が広くなった。
  • 画質の向上。
  • Face ID(顔認証)の追加。
  • 処理能力の向上。
  • 第2世代Apple Pencilに対応。
  • Smart Keyboad Folioに対応。
  • Lightningケーブルを廃止、USB-Cケーブルに変更。
  • カメラの性能向上、ポートレートモード対応。
  • 軽く、そして薄くなった。

…どうですか?この中にどうしても欲しい機能はありましたか?

では、ひとつづつ僕なりの意見を記しておきます。

第3世代iPad Proのアップデートの必要性を考察

では、見ていきましょう。

ホームボタンを廃止、画面が広くなった。

iPadはiPhoneと違いそもそも大きいので、使う場所は落ち着いたところに限られます。

大きさを気にする必要はありません。

僕は第2世代で満足しています。

画面が大きい方が良いのなら、1つ上のサイズを買った方が良いと思います。

画質の向上。

第2世代でも十分すぎるくらい綺麗です。

画質が上がっても画面のサイズはiPadのままなので、そこまでメリットを感じないのではないでしょうか。

Face ID(顔認証)の追加。

iPhoneほどしまったり出したりしないことから、認証する機会もないので不要です。

サイトで買い物をするときなど、Apple Payのクレジットカード認証をするときは、結局本体横にあるボタンを押す必要があるというのが笑えます。

処理能力の向上。

あなたはiPadで何をしますか?

動画を見る、ネットサーフィンをする、電子書籍を読む程度の使い方であれば、処理速度を体感できる機会はないでしょう。

iPadだけで超高精細な画像加工、動画編集をするのであればどうぞ。

僕はApple Pencilで絵も描きますが、処理の遅さが気になったことがありません。ブログを書いている時でも同様です。

僕は性能を求めるなら、操作性や自由度もふまえてMacbookを使います。

第2世代Apple Pencilに対応。

Apple Pencilを折れるくらい使い倒している人であれば、どうぞ。

文字やイラストを少し書き込むくらいならば、必要性を感じません。

iPadで絵を描くとしたら、趣味に毛が生えたレベルかイラストレーター、同人レベルだと思うのですが…ところであなたの職業はなんですか?

Smart Keyboad Folioに対応。

せっかくiPad本体を薄く軽くしたのに、背面保護を名目に分厚く重くする原因をつくった無能。

iPad ProはSmart Keyboadを使いたいから買うという人は多いと思っているのですが、結局キーボードというものはサクサクと文字が打てれば良いのです。

Folioにするとどんないいことがあるか、あなたはしっかり説明できますか?

Lightningケーブルを廃止、USB-Cケーブルに変更。

すでに家中Lightningケーブルで溢れていませんか?

一箇所で充電をするのであれば付属のコードだけで事足りますが、大抵の人はリビング、寝室、職場にも充電コードが欲しくなりませんか?

カメラの性能向上、ポートレートモード対応。

カメラの性能を求めるなら、取り回しのいいiPhoneの方が絶対に良いです。

わざわざカバンからiPadを出し、キーボードをめくって写真を撮ってたらシャッターチャンスを確実に逃します。

クオリティの高い写真を撮りたいのであれば、僕はコンデジを使います。

カメラの性能を重視したいのなら、iPhone Xs買いますね、僕は。

軽く、そして薄くなった。

そして、Smart Keyboad Folioの革新的なテクノロジーが、その努力をパァにしました。

これでお値段はおいくら?

次に価格を比較してみましょう。

第3世代は11インチ/64GB/Wi-Fiモデルで¥89,800(税別)です。

第2世代は、10.5インチ/64GB/Wi-Fiモデルで¥69,800(税別)でした。

第3世代iPad Proは、本体だけで20,000円も価格が上がっているのです。

価格面で懸念すべきことはそれだけではありません。

対応するSmart KeyboadとApple Pencilの価格も上がっているからです。

Smart Keyboad Folioは、11インチモデルで¥19,800(税別)。

第2世代向けの10.5インチモデルは¥17,800(税別)

ですので、¥2,000の値上げ

Apple Pencilの第2世代は、¥14,500(税別)。

第1世代の¥10,800(税別)と比べ、¥3,700の値上げ

周辺機器には旧モデルとの互換性はないので、第3世代の周辺機器を一番安い価格で揃えても、25,700円の値上げになります。

両者を比較すると…

第2世代:¥98,400(税込価格:¥106,242)

第3世代:¥124,100(税込価格:¥134,028)

税込価格で¥28,000の差になりますので、もう少しで第3世代のApple watchが買えます。

第3世代に28,000円も払う価値、ありますか?

僕にとっては、ありません。

結論:買うなら第2世代だ。

iPad Proが欲しいユーザーにとって、90%は第2世代のiPad Proで十分なのではないかと思います。

あなたがiPad Proを欲しがるのは、何をするためですか?

 

いまパッと頭に思いついたのが、あなたにとって9割を占める使い道です。

どうですか?第3世代、必要ないですよね?

なんとなく新しい方がいいから…という発想はやめた方が良いです。

主な用途、予算をよく考えて選んでください。

市場から第2世代iPad Proが消えるまえに、是非お買い求めを。

 

ケイスケでした。

iPhoneユーザーはAirPods2が出る前にAirPodsを今すぐ買え!間に合わなくなっても知らんぞ!【実質値上がり】いよいよ、2018年内に発売するだろうというリークも出始めたAirPods2。 本日は、第1世代AirPodsのインプレと次世代機...
AirPower発売後、Appleユーザーがたどる悲惨な末路Appleユーザーのケイスケです。 今回は、AirPower発売に端を発するAppleの野望とユーザーがたどる末路についてお話しし...
ABOUT ME
ケイスケ
1985年名古屋出身。一児(娘)の父。東京のIT企業で8年在籍し、多くの案件を渡り歩いたのちフリーランスとして独立。エンジニアのお仕事とブログで生活しています。月間70,000PVの当ブログ「けいさんぽ。」の主宰。ライフハック、グルメ関連の娯楽記事が中心です。