ロードバイク

クロスバイク買ったらとりあえずやるべきオススメ改造まとめ

クロスバイク、良いですよね!

 

僕はロードバイクも持っていますが、普段よく乗るのは断然クロスバイクです。

クロスバイクに乗っていると、

「もっと速く走りたい!」

「荷物が全然載せられない!」

……とか、まあじょじょに不満が出てきて、だんだん改造したくなってきますよね。

 

今あなたが乗っているクロスバイク、買った時からいじっていないならちょっと改造すればかなり性能が上がります。

 

そこで今回のテーマですが、

とりあえずクロスバイク買ったらやっとけ!という初心者向けの改造をご紹介します!

 

紹介する内容は、パーツを交換するかネジを外してはめ直すくらいの簡単なものです。

 

改造にかかる目安の金額も書いておくので、是非参考にしてください。

ペダルの大型化

僕が一番にオススメするのは、ペダル交換です。

街に止まってるクロスバイクみて、ペダルが交換されていると「おっ、コイツわかってるな」ってなります。

買った時についているペダルって、踏む面が小さくて滑りやすいものが多いです。

靴の裏が濡れていたりすると踏み込んだ時にツルッと本気でスベります。

ヘタしたら道路へズコーッってなります。

 

そこで使いたいのが、マウンテンバイク用のペダル。

 

マウンテンバイクのペダルは、

  • 面が広く踏み込みやすい。
  • スパイクが付いているので滑りにくい。

のが特徴です。

 

マウンテンバイクはデコボコで泥まみれなところを走るので、当然ですね。

 

クロスバイクにマウンテンバイク用の大型ペダルを使うことで、

  • 乗り心地アップ
  • スピードアップ

の効果が期待できます。

 

やってみるとわかりますが、これだけでもかなり乗り心地が変わってきます。

 

お値段はピンキリですが、安いもので十分です。

2000〜4000円ほどで買えると思います。

 

選ぶときのコツは

  • 踏む面が広いもの
  • グリップ(突起がついていたり)があるもの

を選びましょう。

 

お手軽な割に効果が高く、あまりやっている人も少ない改造なので、ぜひお試しください。

 

一点注意なのが、ペダルの交換には専用のレンチが必要です。

街の自転車屋さんでペダルを買うのであればその場でつけてくれると思うので、あまり気にしなくても良いですが、ネットで買う場合は工具が必要なので気をつけてくださいね!

 

ハンドルのグリップ交換

次にオススメなのが、ハンドルのグリップ交換です。

最初についているグリップは、手汗で滑りやすいものが多いです。

また、長時間乗っているとグリップが当たっている部分の手のひらが痛くなってくるので、是非交換しましょう。

オススメはエルゴグリップ。

お値段は少し高くなって4000円〜7000円くらい。

手のひらにあたる面が広くなっているので、安定感もあり、疲れにくくなります。

立ち漕ぎもしやすくなるので、是非やってみてください。

中にはこのようにサイドがニョキッとなっているグリップがあります。

 

これはバーエンドといって、本来は坂道を登ったりするときに力が入りやすくするために使うものなのですが、

長時間走行していて、手首が疲れたりしたときにここを握ることで疲労を軽減できます。

 

お好みで選んでみてください!

 

グリップの交換時の注意点ですが、もともと付いているグリップがかなり剥がれにくいことがあります。

お店ではハンドルバーとグリップの間に空気を流し込んで剥がしたりしますが、家でやる場合、油をさすか思い切ってカッターで切り取ってしまうのが良いでしょう。

タイヤ交換

 

カスタマイズのド定番、タイヤ交換です。

 

最初についているタイヤは、重い上にグリップが弱く、地面がドロだったりすると横すべりしたりしてめちゃくちゃ怖いです。

タイヤ交換をすることで、スピードや加速の性能が飛躍的に向上し、コーナーリングも安定感がでてスムーズになります。

 

いろんなタイヤが出ているので迷うと思いますが、迷ったらパナレーサーあたりを選んでおけばオッケーです。

 

僕のオススメはこちらのグラベルキングというタイヤなんですが、少し値が張るので予算に応じて選んでみてください。

 

前後で必要なので、費用は6000円〜10000円程度はかかります。

 

ちょっと高めになってきますが、効果は段違いです。

 

購入する際は、今ついているタイヤのサイズを一度確認してみてください。

タイヤの側面に書いてあるはずです。

 

もし、購入時についていたタイヤが28cというサイズだったら、ワンサイズ下の25、26cのタイヤに交換してもいいかもしれません。

安定感や耐パンク性能は多少犠牲になりますが、スピードと加速は段違いによくなります。

サイクリングをする方であれば、タイヤのサイズダウンも検討するといいですね!

 

忠告ですが、タイヤを細くするとマンホールや側溝の溝にタイヤがはまったりするので、気をつけてくださいね…。

 

あと、チューブも25、26c対応にする必要がありますのでチェックはお忘れなく!

キャリアを付ける

実用性を求めるなら、絶対にオススメなのがキャリアです。

 

クロスバイクにはカゴがないので荷物が載せられず不満に思っている方も多いでしょう。

そんな方はキャリアをつけてしまえば買い物なんてヘッチャラです。

 

上の写真を見てもらえればわかると思いますが、ヘタしたらママチャリよりも載せられるようになりますよ!

 

100均でロープを買えば、米10kgも余裕で運べます。

 

見た目のスタイリッシュさは無くなるかもしれませんが、僕からすると、生活感のある自転車は自転車好きの証だと感じるので、キャリアがついているとむしろかっこいいです。

パニアバックを別途買えば、自転車旅行だって行けるようになりますよ!

 

実用的で、夢のある改造ですので是非お試しください。

 

安いもので2000円からありますが、高いものは高いです。

高いキャリアの筆頭は、NITTO キャンピーあたりでしょうか。

10000円を平気で超えてきます。

 

そこで、色々ある中でも最初にオススメなのがIberaのキャリアです。

専用のバッグを上の面にガチッと固定でき、パニア用のラックもあるのでコスパがかなりいいです。

 

うちのクロスバイクは全部Iberaついてます、とにかく絶対オススメ!

ハンドルを下げる

ある程度乗りこなしてきて、スピードをもっと出したい!と思ったら、ハンドルの高さを下げてみましょう。

体感的に、時速25キロを超えてくると空気抵抗が強くなってスピードが乗りにくくなってきます。

スピードを維持する上でも空気抵抗をいかに減らすかが重要で、対策としては乗る姿勢をなるべく低くすることで空気の抵抗を受けにくくなります。

この、ハンドルバーと自転車のフレームを繋いでいるパーツをステムといいますが、ステムを上下ひっくり返すだけでも姿勢が前傾になるので、かなり効果があります。

それでも物足りない場合、フレーム側のステムの下に輪っかがいくつかあると思うので、間にステムを差し込んで固定することでもっと下げることができます。

なれるに従って、徐々に下げていくと良いでしょう。

アーレンキーか六角レンチがあればできるので、コスト的には0円です。

アーレンキーは日々のメンテやサイクリングに行くときは絶対に持っていた方がいい工具なので、持っていなかったら是非買っておきましょう!

この改造の注意点は、フレーム側のステムのネジの締め方です。

この方のブログの記事がとてもわかりやすいので、是非参考にしてみてください。

> 今日からロードバイク入門 – ステムの取り外しと取り付け

番外編:サドル交換

「お尻が痛くなるんだけど、サドルは柔らかいものに交換した方がいいの?」

 

という方がいますが、お尻が痛くなるのはスポーツバイクの仕様なので交換しなくても大丈夫。

もともと付いているやつで十分です。

 

ママチャリの場合、尻をがっつり載せて漕ぐので、柔らかくなると乗り心地がよくなります。

 

一方、クロスバイクやロードバイクの場合は、事情が変わってきます。

 

サドルが柔らかくなると、

  • 腰が痛くなったり
  • 股関節が痛くなったり
  • 汗をかいて内股が擦られて炎症をおこしたり
  • ペダルを踏みにくい

という感じで、また違った意味の問題が発生してきます。

尻が痛くなる原因は、サドルのせいではなくお尻の筋肉が付いていないからです。

 

乗っているうちに徐々に筋肉が付いてきて痛さを感じにくくなります。

 

慣れないうちは自転車用のクッション付きのパンツを履くなどして対策し、サドルはいじる必要はありません。

 

サドル交換は、

  • ドレスアップ
  • 軽くしたい
  • 硬くしたい
  • フィットするものにしたい

などを目的として、行うのがいいと思います。

 

とくに男性の場合、長時間漕いでいると棒の下側の尿道が圧迫されて付け根が痛くなったりします。

 

サドルに穴が空いている形状のものもあるので、そういった人も交換してみるといいでしょう。

さいごに

ざっと紹介してみました!

あなたにも出来そうなカスタマイズはありましたか??

 

クロスバイクはもともとマウンテンバイクのパーツとロードバイクのコンポーネントを組み合わせた乗り物です。

そのため、街乗り仕様にもサイクリング仕様にもランドナー仕様にもできる器用さがウリです。

 

あなたのライフスタイルに応じて、クロスバイクは姿を変えることができます。

 

カスタマイズをすると、より自転車に愛着が湧いて、いずれあなたにとって掛け替えのない相棒となってくれるはずです。

 

ぜひあなたもこの機会に最適なカスタマイズを楽しんでみてはいかがでしょうか?

 

以上、ケイスケでした!

ABOUT ME
ケイスケ
1985年名古屋出身。東京のIT企業で8年勤務後、フリーランスとして独立。エンジニアのお仕事とブログで生活しています。『賢く生きる、楽しく生きる』をテーマに、ライフハックに関する情報を配信しています。
《趣味》食べ歩き、音楽、ロードバイク、アウトドア
《特技》料理、占い
《興味》資産運用、投資
《技能》ITスキル、ブログ運営、FP
《最近のライフイベント》2017年結婚、2018年娘が誕生