ライフハック

AirPower発売後、Appleユーザーがたどる悲惨な末路

Appleユーザーのケイスケです。

今回は、AirPower発売に端を発するAppleの野望とユーザーがたどる末路についてお話しします。

AppleのAirPowerという非接触充電マットが発売するだのしないだの、さまざまなリークが話題を呼んでいます。

私個人としては

AirPowerは発売しないほうがAppleユーザーは幸せだ。

という意見です。

AirPowerの発売がまねく機器の発売と商品の高額化は、今後のAppleとの付き合い方を考えるひとつのキッカケになりかねないからです。

AirPowerが発売すると、こんな未来が待っている

AirPowerが発売することで、招く未来は容易に想像できます。

もはや完成形になりつつあるiPhone。

出来る改善(改悪?)といえば、Lightning端子をiPhoneから消すことでしょう。

2019年の秋に発売するであろうiPhone Xs(iPhone11)の次世代機。

ひょっとするとこのiPhoneには既に端子がないかも知れません。

iPhoneが未だに解決に至らない、ユーザーが解決を待ち焦がれる大きな課題はバッテリーの持続時間です。

iPhoneの性能が良くなるにつれバッテリーの消耗は激しくなりますし、いっそ端子を消してその分バッテリーを大きくしようとするのは想像に難くないでしょう。

Appleは5Gの発売時期を狙っている?

僕が経営者であれば、AirPower対応のiPhone(端子も廃止したモデル)を出すとしたら、5G対応のiPhone発売のタイミングです。

5G対応iPhoneは、ユーザーの誰しもが機種変更を検討するであろう大型のバージョンアップです。

このタイミングでAirPowerを強制的に使わせるように仕向ければ、iPhoneをどうしても使いたいユーザーは渋々でも切り替えざるを得ません。

当然AirPowerもiPhoneと一緒に売れることになりますので、Appleにとっては良いことづくめです。

AirPowerの発売に伴う戦略は、なにもiPhoneに限った話ではありません。

他の機器への影響も考察してみました。

iPhoneだけじゃない!AirPowerの戦略

AirPodsへの影響を考察

AirPowerが本格的に普及し、iPhoneから端子が無くなれば、コード付きのイヤホンやヘッドホンが完全に使えなくなります。

Appleとしては、これを機に買い換えるユーザーに向けて、より魅力的なイヤホンやヘッドホンを開発するでしょう。

まさにそれを裏付けるようなリークが多く囁かれています。

現在発売中のApple純正ワイヤレスイヤホンAirPods。

その後継機となるAirPods2は、音質向上に力を入れると見られています。

iPhoneユーザーはAirPods2が出る前にAirPodsを今すぐ買え!間に合わなくなっても知らんぞ!【実質値上がり】いよいよ、2018年内に発売するだろうというリークも出始めたAirPods2。 本日は、第1世代AirPodsのインプレと次世代機...

また、ヘッドホン分野でもApple純正のヘッドホン(AirHeadsとかになるんですかね?)の開発が進んでいるという話があります。

2018年後半発売と噂、Apple製ヘッドホンの新作コンセプトデザイン – iPhone Mania

現状のAppleは、サウンド関連の分野でBOSEやゼンハイザーなどの大手ブランドに音質で対抗できる武器が欲しい。

これらはすべて、Appleが作り出そうとしているワイヤレスイヤホン市場の新たな需要に対し、ユーザーの囲い込みを行うための下準備と見ることができます。

iMac、Macbookへの影響を考察

Macbookも例外ではありません。

AirPowerの機能を内蔵したモデルが発売するでしょう。

確かかどうか定かではありませんが、特許が出願されたという話もあります。

MacBookやiPad、iPhone「から」ワイヤレス充電ができる特許 – GIZMODO

Macbookのトラックパッドの横のスペース、もしくは近くに置いておけばApple製品が充電される、という仕組みを考えているのは間違いありません。

もしこれが実現するとしたら、Appleユーザーは歓喜して、値札も見ずに買うことでしょう。

Appleは、ここでもMacbook買い替えの需要を作ることができるのです。

デスクトップ型のiMacでも同様のことを考えるでしょうし、AirPower対応のマウスの発売も考えられます。

ビジネス的には、夢が広がりますね。

iPad、iPad Proへの影響を考察

先日発売したばかりの第3世代iPadPro、第2世代Apple pencil、Smart Keyboard Folio。

これらの商品はAirPowerの発売で、今後どのような影響が起こるでしょうか。

iPad、iPad ProにはiPhone同様に端子を廃止し、AirPower以外で充電できないようにする未来が考えられます。

iPad Proの周辺機器 ApplePencilとSmartKeyboadについてですが、実はAirPowerに関係なく、iPad Proはすでに崩壊が始まっていると見ています。

iPad Proは、世代が上がると周辺機器の互換性を殺すということが2018年11月にわかっているからです。

iPadProを購入するときは、キーボードとペンシルを3点セットで買わせたいという戦略なのでしょう。

第二世代Apple pencilには、Qi規格(非接触型充電)が搭載されていません。このまま独自の規格で対応する世代を限定する路線は続くと見ています。

新「Apple Pencil」のワイヤレス充電はQi規格に対応せず–アップルが認める – CNET japan

そのため、Apple pencilにQi規格の充電機構を設けるかはとても怪しい状況です。

そのうち、3点セットをすべて揃えると、20万を越えるなんていうことも十分あり得ます。

このように、Appleはありとあらゆる方法でユーザーの財布を痛めつけるでしょう。

本当にAppleのAirPower開発は遅れているのか?

AirPowerは発熱に問題を抱えており、開発が難航している、公式サイトからもAirPowerが消えた、発売中止では?といったリークが囁かれていますね。

なぜAirPowerの開発は難しいのか。複数の問題に直面しているらしい… – GIZMODO

それは本当かも知れません。

とはいえ、おそらく2019年の間にはAirPowerは発売することでしょう。

先ほど申し上げたように、僕であればiPhone5G対応モデルを発売するタイミングでiPhoneから充電端子を消します。

Appleの経営陣が同じことを考えていれば、2019年モデルのiPhoneでAirPower対応だけでも発売、遅くとも5Gが本格的に普及を始めるであろう2020年モデルのiPhone発売までには、確実に商品化に漕ぎ着けるでしょう。

5G対応のAndroidに遅れを取るわけにはいきませんし、先はど説明した他商品に転用することでの新しい需要の確保が掛かっていますから…。

Appleはアメリカンドリームを狙っています。

Appleユーザーはその影で、利便性と引き換えにApple製品の高額化によって搾取される未来が待っているのです。

ユーザーを置いてけぼりにして利益を上げようとするAppleに、どこまでついていけますか?

ユーザーにも審美眼が求められる時代が近づいています。

僕の予想がいくつか外れたとしても、どのみち迎える末路は変わりません。

ケイスケでした。

iPhoneユーザーはAirPods2が出る前にAirPodsを今すぐ買え!間に合わなくなっても知らんぞ!【実質値上がり】いよいよ、2018年内に発売するだろうというリークも出始めたAirPods2。 本日は、第1世代AirPodsのインプレと次世代機...
ABOUT ME
ケイスケ
1985年名古屋出身。一児(娘)の父。東京のIT企業で8年在籍し、多くの案件を渡り歩いたのちフリーランスとして独立。エンジニアのお仕事とブログで生活しています。月間70,000PVの当ブログ「けいさんぽ。」の主宰。ライフハック、グルメ関連の娯楽記事が中心です。