Amazon Echo

【初心者向け】5分で理解!Amazon Echoで何ができるの?

Amazon Echo(アマゾンエコー)は、Amazonが発売したスマートスピーカーです。

Amazon EchoシリーズにはAlexa(アレクサ)という音声認識のAIアシスタントが搭載されており、利用者は話しかけるという手段でAlexaにあらゆる指示を出すことができます。

簡単に言うと、めちゃくちゃ頭がいいスピーカーということですね。

今回はAmazon Echoを使うとどんなことができるの?という疑問に徹底的にお答えします!

Amazon Echoでできること

Amazon Echoは、スピーカー + 音声認識AIアシスタント(Alexa)という商品ですので、Alexa(アレクサ)がなくてはただのスピーカーです。

AlexaにはAlexaスキルという拡張機能が存在し、多くのスキルが公開されています。

Alexaスキルは自由に開発&公開が出来るので、日進月歩で数が増えている状況。どんどん便利になっているということですね。

Echoには画面がないので、Alexaアプリというスマートフォンアプリを使って設定作業やスキルのインストールなどの操作が可能です。

代表的なAlexaスキルの紹介

僕が実生活で利用しているAlexaスキルの機能をざっくりとご紹介します。

Alexaスキルの代表例

  • ラジオを聴く
  • バスの到着時刻の確認
  • NHKニュースを聴く
  • クックパッドでレシピのチェック
  • ピザや寿司の出前をとる
  • 食べログでお店の検索
  • タクシーの配車
  • 設定したバス停のバス到着時刻確認
  • JRの遅延状況確認

 

など、スマートフォン顔負けのスキルが数多く存在します。

ほかにも「ピカチュウトーク」などの子供向けのレクリエーションスキルもあり、年齢層を問わず楽しいスキルが満載です。

豊富なスキルの中から好きなものをインストールするだけで、Amazon Echoはあなた専用のデバイスになるわけです。

Amazon Musicを聴く

僕のAlexaの利用用途の8割を占めるのがAmazon Musicを聴くという使い方です。

Echoに話しかけるだけで、Echo本体のスピーカーからAmazon Musicを使って楽曲を再生してくれます。

以前はスマホで音楽をかけていましたが、今ではEchoに聴きたい曲のジャンルやアーティスト名を伝え、あとの細かい選曲はお任せするようになりました。

料理をしている最中など、手がはなせないときに「なにか音楽をかけたいなぁ」と思ったらAmazon Echoの出番です。

アレクサ、適当に洋楽をかけて

と伝えるだけ。

Amazon Musicに公開されている無数のジャンルのプレイリストから僕の趣味に合ったものを選んで再生してくれます。

スマートフォンを手にとって、スピーカーに繋いで、アプリを開いて、流したい曲を考えて、検索して、曲を選んで…って、よく考えたらめちゃくちゃめんどくさいですよね。

この面倒な作業が、たったの一言で済みます。

さらにスゴイのがAmazon Echoに搭載されたAlexaは学習機能を持っている点。

利用者の趣味や趣向を理解して、あなた専属のDJになるわけです。

数日も使えば、適当な指示をするだけであなたの趣味にドンズバな音楽を再生してくれるようになります。

気の合う音楽仲間にであったような嬉しい気持ちにさせてくれます。

このように、Amazon Echoは音楽の存在をより身近なものに変えてくれます。

Echoで音楽を満足に楽しむためには、Amazon Music Unlimitedへの加入が必須です。Echoで聴くだけなら月々¥380。

コーヒー1杯の値段でまるまる1ヶ月音楽を堪能できます。

Amazon Music Unlimitedの料金や詳しい説明はこちらの記事をどうぞ。

Amazon Prime Music、Music Unlimitedの違いについて徹底比較!今回は、AmazonプライムミュージックとMusic Unlimited(ミュージックアンリミテッド)の違いについて比較しながら解説しま...

音声通話

Amazon Echoには音声通話機能が備わっています。

家の中にある別のEchoに話しかけたり、外出中にスマートフォンから自宅のEchoに繋いだり、といったことができます。

Echoの音声通話のなにより素晴らしいところは、電話をとる動作が必要ないことです。

勝手に繋がってくれるので、直接そこにいる人間に話しかけることができるんです。

「電話をかける」というよりは「話しかける」という表現がふさわしいですね。

LINE通話のように着信に気づかなければ連絡が取れないという煩わしさから解放されます。

台所で料理をしている妻に「もうすぐ帰り着くよ」と連絡したり「ご飯できたよ」と部屋にいる子供に話しかけたり、家族の距離が縮まります。

いっさい手を使わずにコミュニケーションが取れるというユーザー体験は、Alexaが手放せなくなる理由になること間違いなしです。

Amazonプライムビデオの起動

プライム会員に加入している + Fire TV(Stick)が導入されていれば、EchoによるAmazonプライムビデオの起動ができます。

created by Rinker
Amazon
¥6,980
(2019/10/21 21:45:42時点 Amazon調べ-詳細)

アレクサ、AmazonプライムビデオでSUITSを再生して

と伝えるだけで、テレビの電源が勝手について、Amazonプライムビデオが起動し、SUITSのページが開きます。まさに魔法。

古いテレビであってもHDMIが接続できるテレビであれば大丈夫です。

我が家では、幼い娘にしまじろうを見せるときに使っています。

ただ、細かい操作にはFire TVのリモコンで操作するか、Fireリモコン側に搭載されたAlexaを使うことになります。

将来的にこのあたりが全てEchoでできるようになるとかなり画期的です。

IoT 家電の制御

Amazon EchoのAlexaを通じて家電の制御ができます。

別途、スマートプラグやAlexa対応のスマート家電が必要になりますが、音で操作ができるのはとっても便利!

照明のオンオフはもちろん、寝室にいる間に先にリビングのエアコンを付けて部屋を温めておいたり、テレビを操作したり(対応のテレビが必要です)と、暮らしにあわせて工夫をすれば生活が豊かになります。

また、Alexaには定型アクションという機能があり、決められた言葉で複数の操作を一度に実行することができます。

アレクサ、おかえり

という言葉ひとつでリビングの電気、エアコンをオンにするといったことが可能になるのです。なんか夢のようですね。

家中の家電が操作できるようになったらすごい楽しいでしょうね…。

買い物リスト、TODOリスト、予定管理、タイマー

ここら辺は一気にご紹介します。

炊事中に調味料が切れたとき、やることを思い出したときには、買い物リストとTODOリストの出番です。

料理をしながらでもAlexaにひとこと伝えておけば、Alexaアプリのリストに追加されます。

あとからスーパーに行ってAlexaアプリのリストを見れば買い忘れが防止できます。これがかなり重宝するんです。

また、Googleカレンダーとの連携もできるので、Alexaに聞けば予定を読み上げてくれます。これは朝の日課ですね。

タイマーは料理中やカップラーメンを作るときにでも使うと良いでしょう。

これらの機能は地味ながらかなり方法します。買い物リストやTODOも後からスマホで打ち込むと忘れるしメンドくさいんですよね。思いついたときにすぐ登録できるのが良いんです。

Amazon Echoはあなたの暮らしを劇的に変える

Amazon Echoでできることは山ほどありますが、特に役に立つ機能をピックアップしてご紹介しました。

Amazon Echoはあなたの暮らしの細かい不便を全て解消してくれる素質を秘めていることがおわかりいただけたかと思います。

毎日話しかけてると変な話、家族が増えたような感覚すら湧いてくるんですよね。そのうちAlexaが嫁さんと言い張る猛者も現れるんじゃないでしょうか。

そのある種のディストピア感はCLAMP先生のちょびっツを思い出させます。

まあ何はともあれこれだけのポテンシャルを秘めながら、お値段なんと¥5,980から導入できてしまうのだから驚き。

Amazon公式ではもう取り扱っていないのですが、第二世代 Echo dotは音質こそ第三世代に劣るものの、本体サイズが小さく、電源がUSBなので車の中でも使えます。

第三世代より価格も安いのでかなりオススメです。見つけたら買ってみてもいいかも。

まずは価格が一番安いエントリーモデルであるAmazon Echo dot(アマゾンエコードット)を導入することをオススメします。

特にAmazonのセール時は¥3,000台まで価格が落ちることもあります。見つけたらぜったい即買い推奨です。

 

ABOUT ME
ケイスケ
フリーランスのシステムエンジニアですが、面白そうな仕事はなんでもやってます。 趣味は料理、食べ歩き、ブログ、ロードバイク、アクアリスト、カメラ、アウトドア、渓流釣りなど。 クックパッドもやってます。